このブログも書きはじめて約3年が経った。なんやかんや言いながら75本くらい書いてきている。数ヶ月ほど手が止まっていた時期もあるため更新頻度にはかなりばらつきあるが、だいたい月2ペースで書き続けてきていることになる。

 

多面的に自分を知ってもらうためのものと位置付け、テーマも頻度も決めずに始めたことであり、書くこと、続けることが苦手な自分に課した宿題でもある。

 

自分を多面的に知ってもらえているかどうかわからないが、課題についてはクリアしつつあるように思う。むしろ、書くという作業が好きになりはじめてきている自分もいる。よし、書こう!と体がうずいてきたら書くことにしている。逆に気乗りしない時は書かない。気乗りした時は早起きしてモーニング食べながら書く時もあるし、日中のスケジュールの隙間時間を使って一気に書き上げることもあれば、軽く酒を飲みながら酒の肴がわりに書くこともある。

 

その昔スポーツジムに通いつめ取り組んでいたトレーニングに似ていると思っている。継続することで少しずつ血となり肉となる、結果的にフィールドでのパフォーマンス向上の一助になり怪我から守ってくれることになる。そして、自己満足の要素も十二分にある。

 

今年に入ったくらいからこのブログの中身について考えるようになった。テーマも頻度も決めずと自分にとって都合のいい立て付けでやってきたが、あまりに事業やサービスに関する内容が少なすぎるのではないか。

 

ブログの多くは日常の身のまわりの出来事がほとんど。意外にも親父やオカンについての内容もある。まったく意味がないことはないにしても、もう少し工夫を付け加えていけないものなのか。

 

要は、会社の代表として書いている側面もあるわけで、どうせなら自分自身のことだけでなく、事業やサービス、印象に残っているお客様とのやり取りなどについても書いて直接的・間接的に会社のブランディングに繋がるようなものにすべきではないかと考えるようになった。

 

でも、臆病な自分もいるのも事実で、もう少しだけ読んでくださる方にとって役立つことを書くというところに落ち着き、「ビジネスで大切なことはすべてアメリカンフットボールから学んだ」というタイトルのもと、コラムを始めることにした。

 

どこかで聞いたことのあるパクリなタイトルでかつ、どこか奇をてらったタイトルではあることには違いないが、いろんな想いが込められているのも事実。これまでのアメリカンフットボールというスポーツでの経験の数々がビジネスの場面でずいぶんと役立ってきている。それを伝えたい。

 

アメリカンフットボールというタイトルにはなっているが、知らない方であっても理解しやすいように書き表したいし、組織や人事に関するコンサルティングサービスをやっているわけなので、その観点も盛り込むようにしたい。

 

そして、アメリカンフットボールをはじめとしたスポーツの本当の価値というものを多くの方に知ってほしいという想いがある。

 

言葉を選ばずにいえば、体育会系とかいうよくわからない言い回しに代表されるように、いまだトップダウンの組織形態で、精神論や根性論が語られている世界、そこで育ってきた人間に対する偏った見方、そこから様々な方向にイメージが膨らまされているように感じている。ややネガティブなエネルギーにはなるが、異を唱えるがごとく、身をもって体験してきたことを自分の言葉で伝え続けていきたい。

 

体育大学を卒業した自分、アメリカンフットボールのおかげでジャンプアップを繰り返せた自分だからこそ伝えることができるものがあるのではないかとも思ったりしている。

 

ただ、ブログもコラムも書くとなると、それなりに時間とエネルギーがかかるのが難点だが、お客様向けのニュースレターのネタとしても活用できるし、蓄積が増えてくれば小冊子にして配るのもいいだろうと考えている。

 

また、こうやって書くことを通して、自分の中に新たな引き出しが作られ、そこに情報が整理整頓した状態で納まっていき、何かの話の際に取り出しやすくなる。頭がよろしくない自分にはもってこいだと言いきかせている。

 

そんな中、先日ふと疑問に思ったことがある。ブログもコラムも書くのはいいが、ブログとコラムの違いって何だっけ???

 

ブログに加え、コラムを始めたと言いながら、まったくすみ分けができていない自分に気づき慌ててネットを叩くと、皮肉にも誰かのブログに辿り着いた。そこには、「編集の手が入るのがコラムで、入らないのがブログ」と書かれていた。

 

ウェブ上の日記がブログという認識があったが、コラムの定義が曖昧だった。曖昧どころか意味もわからず言葉を使いまくっていた自分に。編集の手が入っているかどうか・・・。とても悩ましい。

 

たしかに、自分で書いてはもう一人の自分が客観的に読み返す、そしてまた推敲を繰り返しながら書くといったことを数日かけて書き上げてはいる。非常に低いレベルで一人二役をこなしているようにも思えるが、先の定義に則れば、やはりコラムではない。

 

ブログでもなくコラムでもない。ブロム、コラグ、ブラグ、コロム・・・いい呼び名が思いつかないが、走りながら新しい形態を模索するしかないな。

image