今朝吉祥寺の街を歩いていると、こんなものが目に飛び込んできた。

いろんな店舗が建ち並ぶなか、ひときわ目立っている。

「閉店します!! 16年間ありがとうございました。」

開店ではなく、閉店。

にもかかわらず、デカデカと横断幕のようなものを貼り出している。

そんな不思議な光景に、ついつい2度見をしてしまった。

これまで立ち寄ったこともなく、

何を売っているのか、どんな店主やスタッフが働いているのか、

まったく分からない店だけど、

横断幕に書かれている力強いメッセージからは、

これまでお世話になったお客さんへの感謝の気持ちや、

店主のスタッフに対する労いの気持ち、

店主の店に対する思い入れや誇りなど・・色々感じるものがあった。

電車に乗ってからも、どことなく気になったので、

ネット検索した結果、「アパレル×カフェ」だということわかった。

もともとアパレルからスタートしたものの、

時代の流れのなかで、試行錯誤を繰り返しながら、

アパレル×カフェへと少しずつカタチを変えてきたのかな・・とか、

同じ自営業者として、勝手に推測してしまった。

終焉をイメージするのもおかしな話ではあるが、

もし万一何かがあって、廃業を余儀なくされた時には、

この店主のように堂々と胸を張ってピリオドが打てるよう、

もっともっと頭と体をフル回転させて、

日々もがき変化し続けていきたいと強く思った。

そう思ってスタートした一日も終わろうとしている。

ブログを書き上げて帰る予定でいたが、

まだまだ帰るわけにはいかなさそうだ。。

image