昨年、オフィスを茅ヶ崎に移した。

 

自宅は浅草なので、移動距離だけで90分はかかってしまう。

 

なんで、そんな非合理なことをしたのか・・。

 

ひとつには、業務特性上、社外での仕事となると、お客さんの会社に常駐する、もしくは研修施設などでファシリテーターをするのいずれかになる。

結局、それ以外の日は事務所にいることになるわけだが、日頃できていない事務作業や資料作成、まだ読み終えていない本を読んだり、将来についてあれこれ考えを巡らせたりしている。

それには、都心よりもどこか自然ある地の方がふさわしいと考えた。

自然ある地もたくさんある中で、茅ヶ崎にしたのは、茅ヶ崎を含む湘南エリアには、大学時代、シーガルズ時代、サラリーマン時代の仲間がたくさんいて、何度か足を運んでいるうちに好きになったから。

 

他にも理由はあるが、決して説得力があるものではないので、割愛することにするが、大野洋という人物を知る方であれば、何となく分かってもらえるのではないだろうか・・・ということにしておく。

そんな話はさておき、先日茅ヶ崎で資料作成のために、過去のファイルをあさっていると、おもしろいものが出てきて、資料作成などそっちのけで、何度も読み返しては、自分自身の日常の言動を振り返ってしまった。

何かが出てきたかと言うと、過去に自分が受けた適性検査と呼ばれる類いのものだ。

適性検査というと、採用試験を思い出す方も多いと思う。

ただ、自分の場合は人事部に所属していたため、導入に向けたトライアルという名目で、当時の上司の指令のもと、何種類かの検査を受けさせられた。

なかでも、おもしろいのが「V-CAT」と呼ばれる検査。

何がおもしろいかと言うと、試験内容がおもしろい。

 

正式には、連続加算法による作業検査と呼ばれるものらしいが、試験用紙いっぱいに敷き詰められた不規則な数字を延々と足し算していくというもの。

そう言うと、頭の良し悪しをはかる試験というイメージを抱いてしまうかもしれないが、そういった切り口では一切ない。

アウトプットとしては、個人の持ち味とメンタルヘルスの状態の2つ。

image

当時の上司曰く、数多くの適性検査をみてきた中で、最もアウトプットの精度が高いのがこの「V-CAT」らしい。

トライアルでもあったが、自己理解を深めるために・・との理由で、アウトプットについては個人に配られた。

たしか、管理者が読むためのアウトプットもあったと記憶するが、それについては何度頼み込んでも見せてくれなかった記憶がある。

精度が高いというのは、それを見てのコメントだろうから、どんな内容だったか・・思い出しては気になってしまう。

 

あとは、アメフトのコーチを初めた2006年に受けた検査。

 

目的としては、自身のモチベーションタイプを理解するための検査で、これがもっとも直近で受けた検査になる。

image

自分自身、素直すぎる性格だからなのもあるだろう。検査ごとに切り口は表違うけれど、どのアウトプットを見ても、よく本質を摑んでいるなあ・・とつくづく思えるものだった。

なかでも、今後の人生、特に対人において留意すべきだと思える内容がいくつかあったので、それらは手帳の目に留まるところに書き留めておくことにした。

個人的には、自分を知るということはとても大事だと考えている。

自分の強みと弱みの個別理解もさることながら、総じて、自分がどういった行動の特徴・傾向があるのか・・また組織や自分自身にどういう影響を及ぼすのか・・ということを理解し肝に銘じておくことで、それらを踏まえた行動ができる。そのことこそが大事だと思う。

 

こんな調子で、あれこれと自分自身の言動を振り返っていたかと思えば、今度は春先に予定されている、いくつかの研修の場をイメージしながら、使えそうな話のネタをいろいろ考えはじめ、気がつくと、すっかり日が暮れて、窓の外は真っ暗になっていた。

冬の茅ヶ崎はとにかく寒い。

オフィスが木造住宅だからなのかもしれないが、非常に底冷えする。そのせいもあって、浅草とは比べものにはならない。

ご想像のとおり、茅ヶ崎への移転を決めたのは夏。

もちろん、茅ヶ崎にも冬があることは知っていたが、ここまで冷え込むということは正直想像もしていなかった。

その時、さっきまで見入っていた適性検査結果の中にあった「あなたの弱みは計画性です。」という記載をふと思い出した。

 

言葉を失いつつも、自分の非を認めるわけにもいかず、また同じように適性検査結果の記載を引っ張り出してきて、持ち前の「推進力」と「忍耐力」で乗り越えるしかない・・と自分を奮い立たせた。

実際問題、これから春にかけて、いろんな仕事が一斉に動き出していく。なかでも、研修と呼ばれるものの多くが3月から5月に集中する。

 

寒さ厳しい茅ヶ崎にて、春の訪れと同時に大きな花を咲かせるための準備を進めていると思うと、体の中心部分から熱いものがこみ上げてきたように感じた。

計画性を忘れることなく・・入念に準備を進めていきたい。